サイドコンテンツ 【メイン】

陶山恵実里&鶴見萌

陶山恵実里、鶴見萌 (虹のコンキスタドール)

Twitter: @_hana_celeb_

最新 15 件のエントリー

サイドコンテンツ 【サブ】

ブログ エントリー

  • XMail の SMTP 認証について (XMailCFG で設定)

    -

    SMTP 認証の流れがイマイチ掴みづらかったので流れをまとめてみる。

    環境は XMail 1.27 + XMailCFG 2.39 です。

    • (0) 各アカウントの 「SMTP 許可属性」 の 「R (リレー制限をバイパス)」 にチェックが入ってること
    • (1) クライアントが SMTP にアクセス
    • (2) 「SMTPアクセス許可」 で許可されている IP アドレスか?
        はい → (3) / いいえ → (NG)
    • (3) 「SMTP リレー許可」 に IP アドレスがあるかどうか?
        はい → (OK) / いいえ → (4)
    • (4) 「XMail 環境設定」 の 「アクセス非許可クライアントへの対応方法」 が 「SMTP 認証に成功すれば送信許可」 か?
        はい → (5) / いいえ → (NG)
    • (5) クライアントが SMTP 認証してきたか?
        はい → (6) / いいえ → (NG)
    • (6) SMTP 認証成功したか?
        はい → (OK) / いいえ → (NG)
    • (OK) 送信可
    • (NG) 送信不可

    「SMTP リレー許可」 はローカルからプログラムでメール送信 (例えば何かの監視プログラムがアラートでメールを送るとか、WEB サーバーが一緒に走っててスクリプトからメール送るとか) をしなければ何も指定しなくてもいいと思う。

    当方の設定は以下の通り。

    SMTPアクセス許可0.0.0.0 / ALLOW
    SMTP リレー許可127.0.0.0 / ALLOW
    192.168.0.0 / ALLOW
    アクセス非許可クライアントへの対応方法SMTP 認証に成功すれば送信許可